波に乗ってsurfing

SUPで波に乗る瞬間

波がある場所ではサーフィンを楽しんでみましょう!
波に押されるなんとも言えない感覚を味うと少しずつ大きな波に挑戦したくなります。
始めはうねりの向かう方向にボートを縦に合わせてパドリングするといつもと違う坂を下るようなスピードが出ます。
沖の方から順に波の崩れる方にスタート地点を近づけながらうまく波のタイミングに合わせていってください。
パドリングしなくても推進力が得られるようになります。
サーフィンは波に巻かれることがありますのでSUPやパドルでケガをしないように注意してください。

どんな場所がいいですか?
はじめは小さめの波があるビーチなどがおすすめ。けれども、サーファーが集まっている場所や、海水浴場などの人の多い場所、岩が多い場所はケガやSUPへのダメージが大きいのでNG。
場所によってはローカルルールがある場合がありますので、地元の人、ショップなどのアドバイスで場所を選んでください。
特に夏場は人が多いので場所選びがとっても難しいと思います。事故のないような場所を選ぶことも必要になります。

どんなものを準備すればよい?
基本セットで楽しめます。
ボードに荷物や、カラビナなどを取付けている場合は必ず取り外し、ボード単体の状態にしてください。
ルールとして、リーシュコードなどの流れ止めを必ず装着してください。

どんなことに注意する?
上記にもあるように、ローカルルールが存在する場合があります、地元の人やショップからの注意、アドバイスを受けた際には指示に従い、安全に遊ぶようにしてください。 波は穏やかであっても急にうねりが高くなる場合があります。自分のレベルを過信せず、自分にあったサイズの波で遊ぶようにしてください。 波は大きさ以上にパワーがあります。インフレータブルSUPの場合はハードボードと比べ、構造上ボード本体の強度が弱く、波の大きい場合にはボードがしなり、事故、ボードの破損などが発生する可能性があります。波の高さとボード性能にも注意が必要です。

>>基本的な注意はこちら


サーフィンができる場所は?
いろいろな場所でできるので、比較的都心から近い場所での一例。

読んでおきたい記事